衣料・雑貨検査

家庭用品・日用品検査

  • 検査内容・目的
  • 業務の流れ
  • 納期・検体必要量
  • お問い合わせ・お申し込み

検査内容・目的

内容

日用品・雑貨品検査とは

素材の強度や色、製品の安全性、外観、機能性、および表示関係の検査を行い、日用品・雑貨品の品質評価を行います。検査基準はさまざまな法律や規制、業界基準等があり、その製品に応じた総合的評価検査項目での試験を行います。また、お客様からのクレームに対する原因調査も行っております。

検査項目および検査方法

検査品目 検査項目(方法)
フライパン、鍋 などの調理器具 実用性能、耐磨耗性
保存容器、弁当箱などの合成樹脂製品 耐熱・耐冷、実使用(電子レンジ、食器洗い洗浄機)
カトラリー(スプーン等)などの金属製品 材質鑑別、耐食性
樹脂製品、ガラス製・陶磁器食器類 材質鑑別、容量測定、耐熱温度・耐冷温度、耐熱衝撃性、鋼球落下衝撃、電子レンジ(高周波適正試験)、耐食洗機性
ポリ袋 、保存袋などのフィルム製品 引張強さ 伸び率、ヒートシール強度 酸素透過率
文具、ステーショナリー製品 筆記性能、裏抜け、複写性能、耐光性、耐水性、硬さ、移行性、耐久性
バッグ類 取っ手の取り付け強さ、縫目強さ、染色堅ろう度
消費者クレームの原因分析等
  • 蛍光X線分析
  • 赤外分光光度計分析
  • 透過型X線分析

業務の流れ

業務の流れ

納期・検体必要量

納期

  • 検査品受付日から5日~10日営業日(目安)

検体必要量

  • 製品の検査項目によって必要量が異なるため、お問い合わせください。

お問い合わせ・お申し込み

  • 電話でのお問い合わせ
  • Webでのお問い合わせ
  • 依頼書ダウンロード
このページのトップへ