衣料・雑貨検査

容器包装・おもちゃの検査

  • 検査内容・目的
  • 業務の流れ
  • 納期・検体必要量
  • お問い合わせ・お申し込み

検査内容・目的

内容

容器包装・おもちゃの検査とは

食品や人の口に接する調理器具・容器包装はそれらから溶出する化学物質等により食品を汚染したり、人体に悪影響を及ぼす可能性があり、また同様におもちゃは子供がなめることにより化学物質が溶出する可能性があり、安全性の確保よりこれらは食品衛生法の規制を受けますので,適切な試験による品質管理が必要です。

器具・容器包装については食品衛生法の第18条に、おもちゃについては同第62条に基づく「食品、添加物等の規格基準(昭和34年厚生省告示第370号)」により規格が定められており、いずれも国内で製造・販売する製品はこの規格に適合する必要があります。

また、乳及び乳製品の器具・容器包装は、上記370号規格のみならず、「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(昭和26年厚生省令52号)」の規格への適合も求められ、より厳しい規制があります。

検査項目および検査方法

器具・容器包装・おもちゃは、その種類や材質、使用目的によって検査項目が異なりますので、お問い合わせください。

合成樹脂製の器具又は容器包装の例
試験項目 浸出条件 浸出溶液 規格
材質試験 カドミウム - - 100μg/g以下
100μg/g以下
溶出試験 重金属 60℃、30分間 4%酢酸 1μg/ml以下(鉛として)
過マンガン酸カリウム消費量 10μg/ml以下

業務の流れ

業務の流れ

納期・検体必要量

納期

  • 検査品受付日から5日~10日営業日(目安)

検体必要量

  • 製品の検査項目によって必要量が異なるため、お問い合わせください。

お問い合わせ・お申し込み

  • 電話でのお問い合わせ
  • Webでのお問い合わせ
  • 依頼書ダウンロード
このページのトップへ