食品検査

食物アレルギー検査

  • 検査内容・目的
  • 業務の流れ
  • 納期・検体必要量
  • お問い合わせ・お申し込み

検査内容・目的

内容

食物アレルギー検査とは

食物を摂取した際に身体が特定の食物に含まれるたんぱく質を異物として認識し、自分の身体を防御するために過敏な反応を起こすことを食物アレルギーといいます。特定のアレルギー体質をもつ方の健康被害の発生を防止するため、食品衛生法関連法令により、アレルギー物質のうち特定原材料7品目(卵、乳、小麦、そば、落花生、えび、かに)を含む食品について、その表示が義務付けられており、当該食品にこれらのアレルギー物質が含まれているか否かの検査を行います。

検査項目

①表示義務品目(特定原材料)

卵、乳、小麦、そば、落花生、甲殻類(えび、かに)

②表示奨励品目(特定原材料に準ずるもの)

大豆等18品目
※表示奨励品目についてはお問い合わせください。

検査方法

「アレルギー物質を含む食品の検査方法について」(平成22年9月10日消食表第286号)に準じた検査を行います。

業務の流れ

業務の流れ

納期・検体必要量

納期

  • 検体受付日から7営業日(目安)
    ※状況により変わる場合があります。

検体必要量

  • 100g以上

お問い合わせ・お申し込み

  • 電話でのお問い合わせ
  • Webでのお問い合わせ
  • 依頼書ダウンロード
このページのトップへ