食品検査

食品検査

微生物検査

食中毒の事故等が多く発生していますが、食品における食中毒や品質の低下の多くは微生物によって引き起こされています。食品の安全性を確保するためには、食品や厨房等の環境、食品工場の製造工程、流通・販売の各段階における食中毒菌等による汚染状況について定期的に検査を行い、衛生状況を把握、管理することが必要です。

微生物検査についての詳細はこちらから

一般栄養成分分析

平成15年の健康増進法の施行に伴い、過不足のない栄養接収による健康の保持増進を目的とした「栄養表示基準」制度が制定され、販売する食品の容器・包装に栄養表示を表記する場合は、以下の5つの成分の記載が義務付けられています。

①熱量 ②たんぱく質 ③脂質 ④炭水化物(または糖質と食物繊維) ⑤ナトリウム

理論値から計算することもできますが、加工等の過程で成分量が変化する場合もあります。製品そのものを検査することによって理論値ではなく実際の分析値による表示が可能となり、理論値と分析値との不一致による表示違反を防ぎ、消費者に適正な情報を提供することができます。

一般栄養成分分析についての詳細はこちらから

ビタミン等栄養成分分析

食品には人体の代謝に必須の微量栄養素であるビタミンをはじめ、ミネラル等様々な栄養素や成分が含まれております。食品による健康への影響について消費者の関心が高まるなか、食品の成分分析を行い、その表示等で消費者へ的確に栄養成分情報を提供していくことが重要となっています。

ビタミン等栄養成分分析についての詳細はこちらから

残留農薬・動物用医薬品検査

残留農薬等の新検査内容をラインナップいたしました。また従来からのメラミン検査に加え、カビ毒(アフラトキシン検査)をご用意しました。

残留農薬・動物医薬品検査についての詳細はこちらから

放射性物質検査

平成23年3月に発生した原子力発電所事故により放射性物質は私たちが住む環境に残留しているのが現状です。平成24年4月に厚生労働省により食品中の放射性物質の規制に関する基準値が改定され、より厳しい基準で食品の安全の確保が求められるようになりました。消費者の「安心」のためにも食品中の放射性物質を測定する自主検査を定期的に実施することが重要です。

放射性物質検査についての詳細はこちらから

異物検査

食品等に混入する異物は毛髪、虫、ガラス、金属、プラスチックなど多種多様で、変色や異臭、食味の異常等の原因でカビや細菌類である場合もあります。食品に混入した病原菌や有害物質等で健康被害を引き起こすものもあり、健康被害に至らずとも、商品イメージ・企業ブランドや社会的信用の低下につながることもあります。

お客様からの異物混入のクレームであればお客様への的確な説明が求められ、再発防止プランの策定のためにも混入した異物が何かを調べる検査を行うことが必要となってきます。弊社では再発防止プラン策定等の業務支援サービスも提供しています。

異物検査についての詳細はこちらから

食物アレルギー検査

食物を摂取した際に身体が特定の食物に含まれるたんぱく質を異物として認識し、自分の身体を防御するために過敏な反応を起こすことを食物アレルギーといいます。特定のアレルギー体質をもつ方の健康被害の発生を防止するため、食品衛生法関連法令により、アレルギー物質のうち特定原材料7品目(卵、乳、小麦、そば、落花生、えび、かに)を含む食品について、その表示が義務付けられており、当該食品にこれらのアレルギー物質が含まれているか否かの検査を行います。

食物アレルギー検査についての詳細はこちらから

油脂・糖検査

栄養成分の「脂質」、「炭水化物」と一口に言っても、その構成を詳しく見ていくと食品中には様々な油脂や糖が含まれています。それらの中には、その食品特有の成分、あるいはトランス脂肪酸など健康に悪影響を与えるものもあります。また、食品中の油脂は食品の品質、劣化具合を調べるための一つの指標となります。

油脂・糖検査についての詳細はこちらから

水質検査

水の安全性向上を目的に水道法が平成16年4月に改正されました。井戸水を利用されているお客様のほか、病院、学校、福祉施設、レジャー施設等では設備の老朽化などに伴い、水質の劣化等が発生する可能性があります。毎日使う水、飲む水を安全に保つために水質検査は欠かすことができません。高精度の検査技術で「安全でおいしい水」の管理をバックアップいたします。

水質検査についての詳細はこちらから

重金属・有害物質検査

食品は製造の過程、あるいは材料となる農作物、水産物が育つ段階で、重金属等に汚染される可能性があります。また、食品の流通、保存の際に細菌による劣化で毒素が生成される場合もあります。食品に有害物質が含まれていないことを明らかにすることは安全な食品を提供するうえで重要なことです。食品中の有害物質の量を分析し、食品の安全性の確認を行います。

重金属・有害物質検査についての詳細はこちらから

食品添加物検査

食品には、味や見た目などの品質や保存を目的に食品添加物が利用されておりますが、食品添加物は食品衛生法でその種類や使用量が規制されています。使用が認められたものでも基準以上の使用は食品の安全性を脅かす行為となるため、禁止されており、食品に含まれる食品添加物の定性、定量試験を行うことにより、食品衛生法の基準を満たす安全な食品であることの確認を行います。

食品添加物検査についての詳細はこちらから

このページのトップへ