食品検査

重金属・有害物質検査

  • 検査内容・目的
  • 業務の流れ
  • 納期・検体必要量
  • お問い合わせ・お申し込み

検査内容・目的

内容

重金属・有害物質検査とは

食品は製造の過程、あるいは材料となる農作物、水産物が育つ段階で、重金属等に汚染される可能性があります。また、食品の流通、保存の際に細菌による劣化で毒素が生成される場合もあります。食品に有害物質が含まれていないことを明らかにすることは安全な食品を提供するうえで重要なことです。食品中の有害物質の量を分析し、食品の安全性の確認を行います。

検査項目

  • 鉛、カドミウム、ヒ素、総水銀、スズ、重金属(Pbとして)
  • 清涼飲料水規格(スズ、鉛、カドミウム、ヒ素)
  • ヒスタミン、VBN
    ※上記以外の項目についてはお問い合わせください。

検査方法

各種試験法に準じて試験を行ないます。

その他

項目によっては、試験法がいくつかある場合、あるいは食品の種類によって試験法が異なる場合もあります。食品、目的、基準等に応じて適切な試験法を選択するため、詳細はお問い合わせください。

業務の流れ

業務の流れ

納期・検体必要量

納期

  • 検体受付日から12営業日(目安)
    ※状況により変わる場合があります。

検体必要量

  • 100g以上

お問い合わせ・お申し込み

  • 電話でのお問い合わせ
  • Webでのお問い合わせ
  • 依頼書ダウンロード
このページのトップへ