食品検査

微生物検査

  • 検査内容・目的
  • 業務の流れ
  • 納期・検体必要量
  • お問い合わせ・お申し込み

検査内容・目的

内容

微生物検査とは

食中毒の事故等が多く発生していますが、食品における食中毒や品質の低下の多くは微生物によって引き起こされています。食品の安全性を確保するためには、食品や厨房等の環境、食品工場の製造工程、流通・販売の各段階における食中毒菌等による汚染状況について定期的に検査を行い、衛生状況を把握、管理することが必要です。

微生物検査は以下の2つに分けられます(「検査項目」欄参照)
  • ①人の健康を損なう恐れのある食中毒菌の汚染を調べる検査
  • ②衛生状態を把握するための衛生指標菌を調べる検査
弊社では、主に食材と環境の微生物検査を行っています
①食材・調理品・加工品の検査
食材そのものの食中毒菌・衛生指標菌の検査を行います。
②厨房施設や食品工場の環境検査
食品取扱者の手指、厨房施設の包丁、まな板、冷蔵庫の取っ手、水道の蛇口や食品工場の設備等食品の調理、加工する環境の食中毒菌・衛生指標菌の検査を行います。
その他弊社では以下について対応しています
①保存試験(日持ち試験)
保存温度、保存期間の違いによる食品中の細菌数の変化を把握することにより商品開発、賞味期限の設定に活用いただきます。
②製品クレームの要因分析
当該製品、又は同一ロットの製品を検査し、その汚染度合、食中毒菌の有無を確認することによりお客様からのクレーム対応の判断に活用いただきます。
③お客様の要望に応じた検証試験
原料や製品などの微生物によるトラブルに関して、ご相談をして内容に則した検証試験をおこない改善につなげます。
④食品事業者の従事者への実技研修
微生物検査の知識と技術の向上のために食品従事者に対する実技研修を実施いたします。

検査項目

①食中毒菌

食中毒を引き起こし、人の健康を損なう恐れのある病原微生物です。最近では、サルモネラ、腸炎ビブリオ、ウェルシュ菌などによる細菌性食中毒の他にも、腸管出血性大腸菌(O157等)、カンピロバクターなど、ごく少量の菌数で発症する感染型食中毒が多く発生しています。

(例)黄色ブドウ球菌、サルモネラ、腸炎ビブリオ、リステリア、カンピロバクター、腸管出血性大腸菌(O157、O111、O26など)、赤痢菌、ウェルシュ菌、エルシニア・エンテロコリチカなど

②衛生指標菌

食品などに含まれる一般生菌数、好気性芽胞菌数、乳酸菌数などの検査をすることで、検査品の衛生状況を評価することができます。また、大腸菌群、糞便系大腸菌群、大腸菌などの検査を行うことで、食品等が衛生的に取り扱われているか、さらに病原微生物の汚染の可能性があるかどうかの判断ができます。

(例)一般生菌数、大腸菌群、大腸菌、腸球菌、乳酸菌、緑膿菌、クロストリジウム属菌、カビ数、酵母菌数、耐熱性芽胞菌数、無菌試験、低温細菌、高温細菌など

検査方法

弊社では、主に食品衛生検査指針に基づく自主検査法を採用しています。この方法では、公定法(食品衛生法に基づく厚生労働省からの省令・告示に示された検査法)と比較して同等の精度を有し、より迅速に検査結果が得られ、操作が簡便である利点があります。

推奨試験項目

推奨試験項目

  • ◎:検査を通常実施する項目
  • ○:検査実施が望ましい項目
  • △:検体により検査を実施する方が良い項目

業務の流れ

業務の流れ

納期・検体必要量

納期

  • 検体到着後3~4営業日
    ※陽性確認や検査項目により、納期が前後することがあります。詳細はお問い合わせください。

検体必要量

  • 100g以上

お問い合わせ・お申し込み

  • 電話でのお問い合わせ
  • Webでのお問い合わせ
  • 依頼書ダウンロード
このページのトップへ