腸内細菌検査(検便),ノロウイルス検査

腸内細菌検査(検便)

  • 検査内容・目的
  • 業務の流れ
  • 納期・検体必要量
  • お問い合わせ・お申し込み

検査内容・目的

内容

腸内細菌検査(検便)とは

食品衛生法、大量調理施設衛生管理マニュアル、学校食品衛生管理基準、労働安全衛生規則、都道府県条例等に基づき、食品を取扱う事業者等は製造、加工、調理、販売等の従事者を対象とした健康管理や腸内細菌検査(検便)の実施等作業場の衛生管理に努める必要があります。

病原菌を保有しているが、菌による症状がない人のことを健康保菌者といいます。健康保菌者が食品の取扱を行った場合、食中毒事故につながるケースがあります。定期的に腸内細菌検査(検便)を行うことで、健康保菌者の判別が可能となり、食中毒発生や他者への感染のリスクを低減させることができます。従事者に対して健康管理や手洗い等の重要性を教育することにもなり、施設全体の衛生管理の向上につながります。

検査項目

  • 3項目セット (赤痢菌、サルモネラ(パラチフスA菌、チフス菌含む)、腸管出血性大腸菌O157)
  • 5項目セット (赤痢菌、サルモネラ(パラチフスA菌、チフス菌含む)、腸管出血性大腸菌O157、O111、O26)
  • 腸管出血性大腸菌(O157、O111、O26他)
  • ビブリオ
  • コレラ菌
  • その他

業務の流れ

業務の流れ

※1:検査手続きのため、お客様情報をご提供いただきます。
※2:弊社よりお客様へ採便容器一式を送付いたします。

納期・検体必要量

検査スケジュール

通年(月~土 但し、祝祭日、年末年始、GWは除く)
※緊急時はお問い合わせください。

納期

  • 陰性の場合:検体受付日から最短4営業日後に報告書の発行となります(Web報告への反映)
  • 陽性の場合:別途、ご対応します。

検体必要量

  • 検体必要量:米粒大程度以上
  • 検体保存 :常温
  • 検体返送 :常温
    ※採取日より弊社到着まで一週間を目途に送付してください。

その他

  • 腸内細菌検査用容器は専用のものとなります。ノロウイルス検査用容器での提出はできません。
  • 腸内細菌検査とノロウイルス検査を同一の検体で行うことはできません。
  • お客様ご自身が採便容器シールの印字内容を手書きで修正された場合、報告書に反映されません。

お問い合わせ・お申し込み

  • 電話でのお問い合わせ
  • Webでのお問い合わせ
  • 依頼書ダウンロード
このページのトップへ